滋賀県でのザイデナ治療・効きすぎは翌日に影響?

第四のED(勃起障害)治療薬として世に登場したのが、ザイデナです。韓国の製薬会社が開発した薬で、2005年に韓国国内で販売開始されています。
ザイデナがEDを改善するメカニズムは従来までの薬と同じで、勃起をおさめてしまうPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素の働きを阻害することで、cGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)という血管を拡張させる働きのある物質の放出を維持します。そして、血管拡張を助けて勃起を促します。
ザイデナのメリットは、日本人の体格によく似ている韓国人が開発したというところです。今まで出ていた3種類の薬はどれも、アメリカやドイツなど欧米諸国で作られていました。そのため、日本人が使うと効果が強すぎてしまうというデメリットがありました。
効果が出ないよりはましですが、あまりにも効きすぎると、翌日まで効果が残って生活に支障をきたす恐れがあります。翌日になってもまだ効果が切れず、ちょっとした刺激で勃起してしまうとなると大変です。翌日に効果を持ち越してしまって困らないためにも、アジア人向けのザイデナを使うことは有意義です。
滋賀県には、ED治療を扱っている病院が110件以上あります。服薬治療などのスタンダードな治療法から、陰茎海綿体自己注射によるICI療法、なども扱われています。滋賀で症状に悩んでいる人は、診てくれる病院はたくさんあるので相談してみると良いでしょう。
ザイデナに関しては滋賀の病院に行っても処方は受けられないことが普通なので、どうしても使いたいのならばネット通販を利用すると良いでしょう。海外から個人輸入するという形で購入することが出来ます。今までの薬が体に合わないのであれば試してみると良いでしょう。