ノコギリヤシ等の天然成分含むザイデナでED治療

様々な理由でパートナーとの夜のコミュニケーションをとる場合に、男性側に問題があるとEDを疑われるかも知れません。

例えば職場での仕事の重責からくるストレスや膨大な仕事量のせいで、心身共に疲れきっていて帰宅して風呂や食事を済ますと、もう睡魔が襲って来てしまうというものです。
この様な状態になれば、パートナーからの夜の誘いを受ける余力が無く、寝てしまうのは仕方の無い事なのかも知れません。

また、何とかパートナーとの関係を良い物にしようと努力しようとトライしたけれども、肝心要のものが役に立たないとなれば、どうにかしたくてもどうにもなりません。

この様な状態になったらED治療薬を服薬してみるという手段があり、日本でも幾つかのED治療薬は国の認可を得ているので、入手する事は難しくありません。

しかし、これらのED治療薬は欧米人の問題を抱える人に対して、薬のテストをしていますが、日本人にとっては副作用が欧米人よりも強めに出てしまうという事例が報告されている様です。

ですから、日本人向けのED治療薬が待ち望まれていました。

その様な中で生れたのがザイデナというED治療薬であり、100mg錠と200mg錠の2種類が用意されています。

ザイデナには医薬品に該当する成分を含まず、ノコギリヤシ・朝鮮人参等の精力を含んでおり、副作用の少ない日本人のEDに悩む人々にとっては理想的な薬と言えるでしょう。

どの様な仕組みで効果を発揮するのはというと、有効成分は従来のED治療薬とは異なりますが、PDE5という酵素の働きを抑制する事により血流を促すという点においては、変わりがありません。

行為のおよそ30分程前に、ザイデナを服薬すれば最大では12時間を超える効果が期待出来るので、パートナーとの夜のコミュニケーションも良い方向に向かうと期待しても良いかも知れません。