韓国発のザイデナは日本人にも相性が良い

ザイデナは2005年に韓国が発売したED治療薬です。同じアジア人である韓国で開発されて高い効果が確認されているザイデナは同じアジア人である日本人にも相性が良いと考えられており、バイアグラ、レビトラ、シアリスに続く第4世代のED治療薬として注目を浴びる存在になっています。基本原理はバイアグラやレビトラと同じですので、これらの薬で効果を感じられた人であればある程度有効であると言えるでしょう。
現在のところこのザイデナは日本の認可されている医薬品の枠の外になりますので入手するためには個人輸入で購入するしかありません。いわゆる通販での購入しかありませんのでリスクもありますが、従来のED治療薬で十分な効果が得られなかった人が救いを求める場合には一定の魅力があると言えるでしょう。副作用もザイデナの場合は感じないと言う人もいるため、魅力的な選択肢になり得ます。
このザイデナは従来の薬に比べて即効性に定評がある薬剤であり、強い効き目が期待できる半面で副作用が大きいという問題を抱えていると言えます。特にこの副作用は一時的なものであるとも考えられますが、ED治療薬を使用する目的が性行為であることを考えると持病がある場合などには注意をしなければならないと言えるでしょう。
特に血圧や心臓関係の疾患がある場合には大きなリスクがあると考えられています。又脳梗塞関係の病気を患ったことがある場合にも大きなリスクがあります。通販で購入した薬で何らかの副作用が大きく出てしまった場合にも、国の副作用の救済制度の対象になることが出来ませんので自己負担での治療の道しか残されなくなります。その様な条件であるということをしっかりと認識した後に利用するのが良いでしょう。

■ED治療薬はこれがオススメ
バリフ